終了行事レポート 感動経営セミナー「不可能の扉を開ければ、感動が待っている!」
終了行事レポート
 


 2005年9月26日(月)、約120名のお客様に来場して頂き、 第4回CKEN感動セミナーを開催しました。
 スタッフ35人でお客様をお迎えし、各自の持ち場でセミナーを盛り上げました。
 今回は、多くの企業をコンサルティング指導されてきた角田識之(すみだのりゆき<臥龍>)先生にご登壇して頂き、表紙にある講演テーマで1時間45分のお話をして頂きました。
 先生は講演の中で、「普段、企業の代表の方に話をすることは慣れているが、若いスタッフ向けに話をするのは2回目で、緊張しています。」と言われていましたが、全然そんなことを感じさせない、素晴らしい講演でした。
 スクリーンに説明文や図を映し出しての説明は大変分かりやすく、若い人達も一生懸命メモをとっている姿は印象的でした。
 「一流の方を紹介して頂きたいという想いで1年間ハガキを送り続けてやっと願いが叶ったこと」「人生はアミダクジで、ほとんどの線は先に引かれているが、自分で横線を入れて結果を変えていくことが出来るんだということ」「高校生の間に映画を1000本見ることへの挑戦エピソード話」等のお話が特に印象に残りました。
 みんなにもこの言霊が心に深く刻まれ、自分を見つめる機会になればこれ以上幸いなことはありません。 
 そして、最後に本日のフラッシュバック写真を上映しました。音楽をバックに、本日の準備〜お迎え〜講演〜スタッフ〜お客様の写真の数々が次から次にスクリーンに映し出される映像を見て、関係者一同、胸が一杯になりました。

                                                       (CKEN谷口)

 
PDFファイルでセミナーのダイジェストをご覧頂けます。