感恩葉書の日バナー.png

HOME > 感恩葉書の日・2018

Q.あなたは、今、誰に、心からの「ありがとう」をお伝えしたいですか?

【ご挨拶】
9月17日は、一般的には「敬老の日」ですが、あえて「感恩の日」として、ご縁ある皆さまと、心響き合う時間と空間を共有したいと願っています。

個人的なお話で、まことに恐縮ですが、お聞きいただければ幸いです。臥龍にとって、母とは「貧乏を共に戦った戦友」でした。それでも、母が自分の母でなければ、今とは比べものにならない暗黒の人生を送っていたのは間違いなく、本当に感謝しかありません。

 『お母さんへ
  産んでくれてありがとう!
  信じてくれてありがとう!
  無償の愛を惜しみなく注いでくれてありがとう!
  私の幸せは、あなたの子どもに生まれたことから始まりました!
                     平成30年9月17日 
                     「感恩葉書」提唱者 臥龍こと角田識之』

臥龍が、2秒以上考える日は、年に4回以内としていることは、多くの方々の知るところです。昨年は2回、8月27日と9月22日でした。8月27日という日は、臥龍にとって大切な人を奪われていく日のようです。一昨年の8月27日は、戦友・中島孝がこの世を去りました。毎月、彼の月命日には、ハガキで便りを送っています。

昨年の8月27日の早朝、病院から電話が入りました。「お母さまは、今日一日持たないと思います」。この日は、「0期ヒトピカ・プレジデントスクール」です。このまま出講するか?事情を話して延期していただくか?流石に2秒以上悩みました。「0期ヒトピカ・プレジデントスクール」には、本気の受講生が7名いらっしゃる。10分間苦悩した末、臥龍は「おふくろ、すまん。ステージを優先させてくれ。出来たら、俺が行く夕方まで待っていてくれ」と心の中で手を合わせました。

この決断ができたのは、7年間のある習慣があったからだと思います。2009年4月1日に父が亡くなりました。茨城で仕事(ステージ)が入っていた臥龍は、立ち会うことが出来ませんでした。そのとき、恐ろしいことが頭をよぎりました。“もしかしたら、おふくろの最後にも立ち会うことが出来ないかもしれない”。それから始めたのが、母とお義母さんへ、毎日一枚の感謝・感恩のハガキを書くことでした。もしものときに、母に“これほど自分のことを想ってくれている息子が来れないのは、よっぽどのことだ”と許していただくための習慣でした。いつからか臥龍は、このハガキを「感恩葉書」と呼ぶようになりました。

昨年の8月27日、「0期ヒトピカ・プレジデントスクール」で講話中に、母は亡くなりました。しかし、その場にいた誰にも悟られることはありませんでした。“ステージに立っているときは、臥龍という役柄を演じているとき。泣くのは、おふくろと対面したときでいい!”。慰安されている28日、刺繍メーカーでのコンサルティング。29~31日の「第1期リーダー自燃塾」では、命を削って全力で塾生と向き合いました。鬼気迫っていたと思います。だから、ほとんどの塾生が化けたのだと思います。9月1日の通夜は、蜂蜜メーカーで研修。2日の葬儀は、紙卸業の経営計画発表会。誰一人として悟られずに、役柄を全うしました。長男として、これでよかったのか?この先も答えは出ないと思いますが、弟には生涯の借りが出来ました。

「敬老の日」が来ると「親孝行は生きているうち」と思います。。しかし、「感恩の想いを持ち続けている限り、その人は、心の中で生き続けている」とも思います。ご参加を表明した方々には、今、感謝を伝えたい方(ご存命かどうかは問いません)への「感恩葉書」を書いていただき、それをスライドショーで共有したいと思っています。できれば、本にもしたいと考えています。合わせてこの日には、信州の歌姫・葦木ヒロカのコンサートと臥龍の語りの共演も予定しています。ご縁ある皆さまと、心響き合う時間と空間が共有できれば幸いです。

なお、母の旅立ちには、臥龍からの「感恩葉書」を共とさせていただきました。道中、読んでくれたのではと思います。それからの「感恩葉書」は、毎日、母の仏壇に届くように書いています。

2018年6月6日
「感恩葉書の日・2018」実行委員長 臥龍こと角田識之 拝

IMG_7226.JPG


t_01.jpgt_02.jpgt_03.jpgt_04.jpgt_05x.jpgt_06.jpg
t_07x.jpgt_08.jpgt_09x.jpgt_10.jpgt_11x.jpgt_12.jpgt_13x.jpgt_14.jpgt_15.jpgt_16.jpgt_17.jpgt_18.jpgt_19.jpgt_20.jpg

【2018年9月17日「感恩葉書の日・2018」ご案内】

日時

2018年9月17日(月)11:00~14:30 *詳細時間は後日決定。

会場

東京都内 *お申込者に別途、ご連絡させていただきます。

主な内容

★「感恩葉書」の共有・共感の時間
★臥龍こと角田識之の語り「先人への感謝」 


      021イス.jpg
      プロフィール⇒ http://www.e-garyu.info/profile/#t01

★葦木ヒロカのコンサート


      ヒロカ上半身_n.jpg
      プロフィール⇒ http://hiroka-ashiki.space/profile/

★お食事タイム

会費

大人 15,000円
学生 10,000円

4.定員

50名
定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

お申込み締め切り日

9月3日(月)



お申込みフォームL.png